電気二重層キャパシタ用電解液

KKEシリーズは、高性能塩であるSBP・BF4(5-アゾニアスピロ[4.4]ノナン テトラフルホロボラート)をカーボネート溶媒に溶解した、電気二重層キャパシタ(EDLC)用電解液です。その特異な性質により、従来の4級アンモニウム系電解液(TEA・BF4/PC、TEMA・BF4/PC)よりもEDLCとした時の内部抵抗が低下し、特に低温域や大電流充放電において威力を発揮します。

また、SBP・BF4は直鎖カーボネートであるDMCへ溶解するという特異な性質を示します。このため、溶媒の変さらによる更なる高性能化が図られます。

特徴

  • 溶解性が高い。(PCに3.5mol/L、直鎖カーボネートにも溶解)
  • 標準的な4級アンモニウム系電解液と比較して、低粘度、高電導度である。
  • 電気的熱的要素に対して、高い安定性を持つ。
SBPカチオンの構造

製品

KKE-15 1.5mol/L-SBP・BF4/PC
PC(プロピレンカーボネート)溶媒を使用した標準品
KKE-14DE 1.4mol/L-SBP・BF4/PC,DMC,EC
混合溶媒を使用した高性能品

特性

  KKE-15 KKE-14DE
溶質濃度 1.5mol/L 1.4mol/L
溶媒 プロピレンカーボネート プロピレンカーボネート
ジメチルカーボネート
エチレンカーボネート 
電導度 約16mS/cm(室温) 約20mS/cm(室温)
水分 50ppm.未満
その他 重金属を含みません

上記は特性の一例であり、製品を保証するものではありません。



がついている「PDF」のコンテンツをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。最新版のダウンロードはこちらよりお願い致します。

ぺージTOP