廃発炎筒回収システムのご案内

廃発炎筒回収システムによる発炎筒の安全な回収にご協力ください。

回収対象製品(未使用のものに限ります)

発炎筒廃棄進捗確認システム

廃棄用回収箱をお持ちでないお客様

廃棄用回収箱をお持ちのお客様

専用回収箱

お申し込みの流れ

記入例はこちら

ダウンロード

お申し込み完了

お申し込み完了

dd

梱包から回収までの流れ

梱包

梱包

注意事項

上図のようなケースやキャップのないマッチ薬の露出している状態は非常に危険です。このような状態では、取り扱い時や車両輸送時の振動により、露出したマッチ薬とすりつけ紙が接触(摩擦)すると容易に発火し、状況によっては重大な事故につながることがありますのでご注意ください。また、ケースのないキャップ付き
だけのものも、取り扱い時や輸送時の振動でキャップが外れ、マッチ薬が露出する恐れがあります。

回収

No.1

回収依頼<廃発炎筒回収依頼書>

回収依頼書を下記よりダウンロードして記入し、FAXでお送りください。
※記入例の赤枠部分にご記入ください。
FAX:03-6685-2050(土日・祝祭日を除く 9:00〜17:00)

記入例はこちら

ダウンロード

No.2

廃棄管理伝票の送付及び集荷日程のご案内<廃発炎筒廃棄管理伝票>

記入例の赤枠部分にご記入いただき、梱包後の回収箱排出時に1枚の伝票を添付してください。(複数でも1枚)

記入例はこちら

No.3

回収方法

戸口集荷により、手配した収集運搬会社(一次物流)にて回収させていただきます。
お客様による持ち込みの場合は、別途ご相談ください。

廃発炎筒回収システムのQ&A

  • 使用済みの発炎筒も回収してくれるのですか?

  • 回収は、未使用のものに限らせていただきます。

  • 他社メーカーの発炎筒でも回収してくれるのですか?

  • 他社品を含め自動車用緊急保安炎筒(発炎筒)のみ回収いたします。

  • 複数種の自動車用緊急保安炎筒を同じ回収箱に詰めても回収してくれるのですか?

  • サイズの異なった複数種の自動車用緊急保安炎筒を同じ回収箱に詰めても回収いたします。

    ※ハイフレヤープラスピック(大)につきましては本体からピック部分を外し、
    発炎筒部分は専用回収箱に、ピック部分は産業廃棄物として廃棄してください。

  • 発炎筒はどのように回収してくれるのですか?

  • 火薬類取締法運搬基準に順ずる専用回収箱(1箱100本入り)を
    ご購入いただき、この専用回収箱に詰めていただいた場合のみ回収いたします。

  • 産業廃棄物処理委託契約や産廃マニフェストは必要ですか?

  • お客様から廃発炎筒を受け取る際に署名いただく【廃棄管理伝票】の裏に【約款】がついており、その伝票に署名することによって契約となります。 産廃マニフェストは必要ありませんが、この廃棄管理伝票が産廃マニュフェストと同等の扱いとなりますのでご注意ください。

    ※廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則第8条の19による)

 

                     

                                    

       弊社は、日本保安炎筒工業会の会員会社として平成24年8月10日に産業廃棄物

      広域認定制度の認定を受けました。

        

       産業廃棄物広域認定制度の認定状況は、環境省ホームページ内より確認できます。

       参照URL http://www.env.go.jp/recycle/waste/kouiki/jokyo_1.html

       

               

注意事項

発炎筒は、火薬類取締法に定められた「がん具煙火」に相当し、
火薬量25s(発炎筒約300本、専用回収箱3箱相当)を超えて保管する場合、
火薬類取締法の定めに沿った保管が必要です。

お問い合わせ先

日本カーリット株式会社
TEL:03-6685-2024/FAX:03-6685-2050(土日・祝祭日を除く:9:00〜17:00)
e-mail: haiki-flare@carlit.co.jp